marimemo

しりとりアート駅伝 2015

e0177207_13271647.jpg


今年も参加します!
初日の12日(ギリギリに搬入)と15日に見に行く予定です◎
毎年豪華で多作でわくわくする展示、とても楽しみ。

ART HOUSE企画「2015しりとりアート駅伝」
・2月12日(木)~24日(火)
・open 12:00~19:30
・close 18(水)はお休み
火曜日、最終日は17:00まで
・会場 ART HOUSE 2F
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-12-16
tel&fax 06-4390-5151
# by marimemo | 2015-02-10 13:30 | diary

宿る

遺伝なのか、母と同じく天然石が好きでビビっときた子たちを細々と集めたりしてるのですが、綺麗な石の輝きを見ていると目と心がじんわり癒されます。
占いとか全然信じないけど、石には不思議な魔力や念がこもる気がしてなりません。
邪気を吸い取り浄化し、良くないことから守ってくれるとい信じる自分って前向きでいいなあって思ったり。
アクセサリーもついつい石が付いてるのを選んでしまうのはこのせい。
e0177207_22122655.jpg
e0177207_15192165.jpg

白くて綺麗な腕の友人に石を乗せてみたんだけど美しくて見惚れてしまった。
手首に血管が透けてるのがまたたまらない。浮いてるのもいいけど、私は透けてる血管のほうが断然好きだ。

e0177207_14280978.jpg

友人のこれまた真っ白なお腹を借りて、昔飼ってた蜘蛛の抜け殻を石で囲ってお葬式っぽく飾ってみました。
この子ほんと性格が可愛かったなあ。長生きしたなあ。
本体は別所にて標本になり、保管されています。ずっと大事にしてください。
# by marimemo | 2015-02-02 23:53 | diary

記憶の過信


e0177207_19570928.jpg

何百回目にしてても、デザインは把握していても記憶で描くのがこんなに難しいなんてミッキーマウス・・・涙
e0177207_22394035.jpg

プーさんは上下どちらか服着てたのは覚えていたけど逆でした。

ディズニーのキャラクターのフォルムってなんとなくじゃ絶対描けない計算された美しい曲線美でできているのだなあと改めて思いました。
どの角度から見ても唯一無二のキャラクターの造形として破綻してないなんて、やっぱりディズニーはすごい!
# by marimemo | 2015-02-01 23:13 | diary

神秘

e0177207_23253629.jpg

友人の八ヶ月になる聖なるお腹にペイントしてきました。
描いてる最中も動く動く動く!
声は聞こえてるはずなので、何か訴えてるのかなぁ。
しかし人間を含め、哺乳類全般の生き物の繁殖方法って不思議だと思いませんか。
お腹の中に自分と同じ形をした生き物を生成するなんて、神秘的すぎる!
そしてあなたもお友達も、街ゆく人もその辺にいる猫だって虫だってみーんなお母さんから生まれてるっていう事実、改めてすごいなって思いませんか。
当たり前と認識してスルーしちゃってる奇跡って身の回りにいっぱいあるから、そういうのちゃんと見なおして感動したり感謝したいなって思えた1日でした。

無事元気な赤ちゃんが生まれますように*
# by marimemo | 2015-02-01 22:37 | diary

はやい

e0177207_22142325.jpg

年が明けてもう一ヶ月なんて信じられないスピードで毎日過ぎてゆくのに何かこう、身になるものをいくつ残せたかなって思い起こしては体温が一度下がりそうな気持ちになってしまいます。
がんばらなくてはー!

写真を撮るのが面白くて暇を見つけては記録と練習を兼ねて撮るようにしています。
奇跡の瞬間を撮ったりするのは難しいけどシャッターを押せばボケてようがブレてようが一気に画面が埋まるのが楽しい。
ラフでの案出しもカメラみたいに脳内アイデアを一瞬で紙に写せたらいいのになぁ。



画像は私が射的で遊んだ的の紙を敷き詰めて美脚の友人の脚を撮ったときの。
上級者10mコースでも黒枠内にしか当たらないので、副業としてスナイパーになりたいです。
# by marimemo | 2015-01-31 16:53 | diary

やっぱり大好きモレスキン

e0177207_22015378.jpg

モレスキンの紙質が好きすぎてメモ帳はずっとモレスキンを愛用しています。
この小さいサイズは気軽に持ち歩けてとても便利!
しりとり展のアイデア出ししたけど、ろくなのが浮かばなかった1ページ。
ファーで出来ている下着、可愛いと思ったのだけど友人からかなり不評でした。縄文GIRL、だめか〜。
# by marimemo | 2015-01-25 22:14 | diary

呪文

e0177207_22290822.jpg

真剣に悩みを打ち明けてくれた人に対して「なんとかなる」なんて軽率に聞こえる言葉、私はとても言えないけれど自分には自己暗示のごとくのごとく頻繁に言い聞かせる言葉です。
「なんとかする」っていうプレッシャーも込めつつ。



全身にポスカペンで落書きみたいに描いたの楽しかったな、ポスカって思ったより肌のノリが良く色も濃く出て何より手軽で良いな。
次回はちゃんと練って時間かけて面白いものにしたい。
# by marimemo | 2015-01-24 23:40 | diary

レッツSOS

e0177207_18392899.jpg

インフルエンザ大流行の季節ですね。
私の周りでもウイルスにやられてしまった友人が沢山いるのだけれど、私はよほど身体がバカなのか予防接種も受けていないのに、ここ8年程かかっていません。
8年前に東京での一人暮らしでかかったインフルエンザは小学生ぶりだったのだけど、(あれっ、やっぱり私身体強いのかも…)喉が腫れ上がり呼吸もままならなくなったとき、冗談抜きでこのまま死んでしまったらいつ誰に発見されるのだろうと怖くなった記憶が鮮明に蘇ります。
近所に駆けつけてくれる人がいない環境での病気は、リアルに危ない。
最近だと私は去年の夏のバーベキューで熱中症と急性アルコール中毒っぽい症状に襲われ、障害者用トイレで20〜30分程気絶して倒れたのだけど、本当に死にそうにしんどい時って誰かにメールを打ったり遺書を残そうにも力が入らずペンも握れない(きっと紙とペンがある場所にまず辿りつけない)ので朦朧とした意識の中、実際死ぬときって何一つ残せないんだなって確信しました。あぁ、生きててよかったまじで。

まあこれは突発的な事故だから仕方ないとして、親元離れて一人暮らしで命の危機迫る病にかかった時は、まだギリギリ元気があるうちにいざという時駆けつけてくれる友人知人への連絡を第一にすべきことです。恥ずかしいとか申し訳ないとかの心配は無用、ご法度!!
あと身体が弱ってしまっているときはメンタルもボロボロになりがちだけど、そんな時って何気ないこと話したりするだけでウソみたいに心が軽くなったりすることもあるので、その、あれだ。
「あの時本当に死ぬかと思ったし誰かと話したくて仕方なかった」とか事後報告はもういいから、極限までいつもSOS出さないの心配すぎるから、リアルタイムで助けを求めてよね、友人。
# by marimemo | 2015-01-22 21:45 | diary