marimemo

カテゴリ:diary( 182 )

TATOOのお店「HORIZARUTATOO」

そして留美子ちゃんの旦那様である彫猿さんのTATOO SHOP
HORIZARUTATTO」にもおじゃまして来ました。
e0177207_138941.jpg

JR田端駅北口を左に三分直進。
このお猿のマークが目印です。とても可愛い!
e0177207_139844.jpg

待合のソファー。
美容院のような癒しくつろぎスペース。
e0177207_1395430.jpg

e0177207_1402782.jpg

店内は、白を基調としており、とても明るく清潔感があり、安心してTATTO施術ができる雰囲気です。
e0177207_141066.jpg

こちらは、TATTOに着彩する絵の具のようなもの。
混色して沢山の色を作ることが可能だそうです。
実際に彫っているところをチラリと見てみたいなぁ。

彫猿さんの作品をイラストと写真で見せていただいたのですが、芸大出身だけあって絵の実力が確か+構成のセンスが素晴らしく、作品集がいつか出ないものかと密かに期待してしまいました。
TATTOは身体に一生残るものだから、本当に信頼できる腕の方にしかお任せできないもの。
彫り師さんの画力もさまざまだそうですが、TATTO雑誌を見る限りでも、こうした確かな実力の方はほんの一握りに感じます。
彫猿さんご本人もとても優しく素敵な方で、TATTO初めての方でも安心してお任せできます。

このSHOPの二階が、吉成留美子ちゃんのヒーリングショップ「ALRAUNE」です。
夫婦で上下階でお店経営って、何という幸せ!
[PR]
by marimemo | 2009-04-18 02:09 | diary

ヒーリングSHOP「ALRAUNE」

先週末のお話。
友人の吉成留美子ちゃんがヒーリングのお店「ALRAUNE」をOPENされたので遊びに行ってきました。
まず、ドアが素敵!
e0177207_0552510.jpg

特注だそうです。
センスが抜群の留美子ちゃん。店内のどこを切り取っても美しい!
この空間に居るだけで幸せな気持ちになります。
e0177207_0573639.jpg

e0177207_058657.jpg

e0177207_0583182.jpg

惚れ惚れ~。
そしてお香のとても良い香りがするのです。
店内には商品のパワーストーンが沢山並んでいます。
水晶以外に、見たことのない種類の不思議な石の数々。
原産地や効能を、留美子ちゃんがこと細かく説明してくれました。
e0177207_101535.jpg

e0177207_103246.jpg

e0177207_104827.jpg

水入り!?
e0177207_11451.jpg

じぃ~。
なんとこの水晶には、三億年前のお水が封じ込まれていました!
石をかたむけると、水の中の空気の玉が移動します。とても綺麗。
e0177207_123690.jpg

e0177207_125695.jpg

この象が抱き合った仏像は、底を裏返して見るとあっと驚きの構造になっています。
(気になった方は是非お店で実物をご覧下さい!)
e0177207_144667.jpg

この巾着はパワーストーンを旅行などに持って行くときに使うもの。
内側が石を入れるポケット構造になっていて、沢山の石を傷つけずに持ち歩くことができます。
素材はシルクで高級感抜群。デザインもかわいい。
e0177207_155216.jpg

これはチベットのペンダント。中にお札を入れるようになっています。
好きな人の写真も持ち運べます。

このお店のメインは、ヒーリングセッションなので、早速お願いしてきました。
人生初のヒーリング!
私は重度の肩こり症なので、肩の部分をお願いしたのですが…
ほんの、15分ほどの施術で、少し肩が軽くなりました!すごい!
肩と手の間に尋常じゃない熱が発生しました。魔法!?
でも重度すぎて、15分という短いでは気が通りきらなかったらしく、
続きの施術は今月末にまた受けに行く予定です。楽しみ!

そしてあまりにも綺麗な石があったので、お土産に購入しました。
「オプティカルサイト」という石です。
e0177207_1203178.jpg

寒天菓子のよう!おいしそう!というのが第一印象でした。
とても透き通っています。
e0177207_121593.jpg

この石を通して見るものはすべて二重に見えます。不思議。
古代エジプトの工芸品の多くはカルサイトで作られているそうです。
留美子ちゃんにパワーストーン辞典で効能を調べてもらったら、
「希望を失った人にポジティブな効果を授けます。精神を癒し、心を穏やかにし、
識別力や分析力を教え、洞察力を刺激し、記憶力を高めます」
との記載が。
なんだか希望が湧いてきたぞ!

この日記を見て少しでも気になった方、夢のような秘密の時間を、「ALRAUNE」で過ごしてみてください。

*  *  *

ALRAUNE
営業時間:木~日曜日 13時~20時
住所:東京都北区田端1-19-8-2F
    (JR山手線田端駅出て左直進、「HORIZARUTATTOOの真上」)
TEL:03-3822-7951
[PR]
by marimemo | 2009-04-18 01:30 | diary

油絵始めます

e0177207_19345954.jpg

今日は油絵学科卒の確かな腕をお持ちな方に付いてきて下さり、世界堂へ油絵セット一式を買いに行って来ました。
実は昨日買う予定だったのだけれど、油の種類も絵の具の種類も多すぎて何を選んだら良いか分からず、HELPメールを出して付いてきて頂いたのだけれど…
本当に1人で買わなくて良かったです。木箱に入っているセットを買いかけていた私;
(セットになっているものは、絵の具の質も良くなく、油の壺とかも使いづらいし、何より木箱代だけで5000円くらい取られているとのこと)
油も絵の具もオススメのものを厳選して頂き、経験者だからこそ語れるマル秘テクニックなんかもご教授頂いたりして。
ここ見ていると思うので改めて御礼申し上げます。ありがとうございました!

しかし画材屋さんって、その空間にいるだけで本当に幸せな気持ちになれます。
色とりどりの絵の具売り場とかもう、うっとり…。
私が購入したのはクサカベの絵の具だったのですが、自然の顔料をたっぷり使った高級絵の具はipodのようなアクリルケースに一つ一つ入っていて、一本30mlくらいのが4000円くらいしていました。
有名どころだとラピスラズリとか。フェルメールの「青いターバンの少女」のターバンの色です。
当時はラピスラズリは希少でダイアモンドより効果だったと言うので、絵の具ではなくもしかしたら顔料を油で溶いて描いていたのかも。だとしたらすっごいお値段!
e0177207_19582477.jpg

世界堂のメンバーズカードも作りました。
アンビリーバボーな表情のモナリザ。
世界堂は、東京では最安値で種類も一番豊富な画材屋さんです。
興味がある方は、東京にお立ち寄りの際に是非。
[PR]
by marimemo | 2009-03-22 20:07 | diary

さくら紅茶とチョコ

e0177207_0591065.jpg

e0177207_0591956.jpg

笑顔が素敵なご婦人から、さくらの紅茶とチョコレートをいただきました。
このさくら紅茶、あまりに可愛くて味も素敵そうだったので、メーカーは違うものだけれどホワイトデーに友人菊子さんに送ったばかり。まさかすぐに自分がいただくことになるとは嬉しすぎるサプライズ。
欲しいと思うものは、人にあげるといつか自分に巡ってきたりするのでしょうか?念?運?
そしてチョコレートにも桜!蝶もいました。食べるの勿体無いなぁ。

さくらの紅茶と春チョコ、本当にありがとうございました。
大事に大事~に食べます。甘いお菓子は、心の栄養です。
もぐもぐ。 あ~~、生き返る…!!
[PR]
by marimemo | 2009-03-22 01:10 | diary

夕暮れの時の電車にて

e0177207_2318574.jpg

沢山の用事を片付けた帰りの電車で、一番前の車両になったので正面の窓の景色を見ていたら、運転士さんが15秒おきくらいに何かを指差して確認を取っている。
ずっと見ていたのだけれど駅ごとではないし、結局何がチェックポイントだったのか分からぬまま乗り換え。
乗り換えた電車でも前の車両だったのでじっと運転士さんを見ていたら、今度は指差すだけでなく「ぃよーーーっし!!」と、大声でチェックポイント?の確認。
ハイペースで「ぃよーーーっし!!」連呼。
な、なになに!?乗客、誰もその声に動じず。
e0177207_23221072.jpg

気になる気持ちも、夕焼けが綺麗だったのですぐに忘れちゃったり。
あぁ、なんか平和。
e0177207_2318621.jpg

ブックカバーのようなデザインのカードケースが届きました。
開くと本のようになってます。
[PR]
by marimemo | 2009-03-18 23:41 | diary

マリモ喫茶

ぽっかぽかの一日。
つみきのいえのDVD(本当に良い作品でした。手描きのあたたかみが素晴らしく、人生の喜びを考えさせられるお話。)見て涙を流し、たっぷり干したふかふか布団でお昼寝。
計11時間くらい寝たけどまだ寝足りない…。
寝る子は育つとか言うけれど、私は育たなかったなぁ。
e0177207_21262317.jpg
e0177207_21263573.jpg

遠足にも行かねば。
まだ2つしか遭遇してないけれど、探せばもっとありそうなマリモ喫茶とか探しに。
[PR]
by marimemo | 2009-03-15 21:42 | diary

鍵のもの。

「靴とライスストッカーを買うぞ!」と決意して原宿へ1人でプラリと買い物に行ったのだけれど、気に入ったものはサイズが一番小さいのが売り切れで、ことごとく敗戦。
歩き疲れてぐったり&しょんぼりして鞄から目薬を取り出そうとしたら、小銭がまたばらばらにこぼれてる・・;
今使っているお財布が外側に小銭入れが付いているタイプのもので、
そのファスナーがゆるくなってしまって鞄の中ですぐに開いてしまいます。
これではいけないと思い、予定を変更して新しい財布を購入しました。
e0177207_2355562.jpg

鍵穴がついています。
無駄遣いが無くなることを祈ったり。
下の鍵は、財布に付属していたものではないけれど、鰐骨の口に挟ませてディスプレイする用の鍵です。
e0177207_2356272.jpg

あとこれは、判子。
私は判子もコレクションしていて、特にリアルな昆虫モチーフのものが好きで見つけては購入し、手紙を書く時に封筒にスタンプするのを楽しんでいるのですが、鍵モチーフがあんまりにも可愛くて一目惚れ購入。
素敵な便箋やシール、判子を購入すると手紙を書きたい熱が上がってしまいます。
手紙書くの大好き。根っからのアナログ人間。
用事や思いを伝えるのはつい電子メールで済ませてしまいがちだけれど、大切な用事や、伝えたいことがあるときこそ是非手紙で!

e0177207_062699.jpg

帰宅してからは、来週までに仕上げないといけないイラストのラフと下絵に着手。
今、まさにこの日記を書きつつクロッキー帳にも下絵を描いているのだけれど、、
す…睡魔が…。。

あ、ライスストッカー見るのすっかり忘れてた…!
[PR]
by marimemo | 2009-03-15 00:26 | diary

カメ子、目覚める。

昨日は春の陽気だったので、実家のカメ子(23歳♂)が長い冬眠から目を覚ましたようです。
e0177207_22382581.jpg

おがくずまみれ。今年も土とおかくずに埋まって眠っていました。
e0177207_22392186.jpg

つぶらな瞳、健在。
あぁ、生で見たかったよ。
(私は風邪でダウンし、家で頭痛と戦っておりました、、。)

そうそう、うちのカメ子、クサガメなんだけど時々鳴きます。
「クワッ」って。
歩くとついてくるし、近寄ると「出して」って直立して飼育ケースの壁をガリガリガリ。
好物は生きたミミズです。(死んでると決して食べないグルメさん)
カメ子が起きると毎年「あ、やっと春が来た!」って思うのだけれど、
昨日とうって変わって今日の寒さといったら。
全国のフライングで冬眠から目覚めた動物たち、絶対もう一度地中に眠ったと思う。

e0177207_22473592.jpg

もぐもぐ。春はまだかー。
[PR]
by marimemo | 2009-03-11 22:49 | diary

遊んだ記憶の無い人形

これも実家から送られてきた写真なのだけれど、幼いときに私が多分、おばあちゃんから貰ったと思われるお人形です。
e0177207_22111740.jpg


姉妹かな?

e0177207_22175192.jpg

e0177207_22341371.jpg


目がうつろです。
ミルク飲み人形でもないし、フランス人形ほど高価そうでもないし、
何よりどうやって遊んでいたか記憶にありません。
ジェニーちゃんやリカちゃんといったたぐいのドールが大好きで、拾ったり貰ったりしたものも合わせて計19体所持していました。
うん、当時はすごく女の子らしい趣味でした。
そういう人形はもっぱら手作りの衣装で着せ替えを楽しんだり、友達と人形劇っぽいのをしたり、「イメチェン」と称した断髪式で地肌透け透けのとんでもないヘアスタイルになっちゃったり(でもこれは誰しも一度は通る道だと信じてる)と、どのように遊んだかという記憶が鮮明にあるのだけれど、この人形…一緒に遊んだ記憶がやはりなくって…。
どうしよう、何だか凄く申し訳無いなぁ。
せめて今度実家に帰ったとき、この人形と幼い私が一緒に写っている写真を探してみようと思います。
お人形の顔、そして髪の長さが違ったりしていませんように。
[PR]
by marimemo | 2009-03-08 22:30 | diary

初めてのスタジオ

e0177207_143247.jpg


今日は友人がサポートキーボードを勤めるバンドの練習を見学させて頂くことになり、
吉祥寺の「Studio Leda」へ。初めての本格的なスタジオと生演奏に感動!
全身に響く爆音と、それぞれの楽器の音が一体になる瞬間がたまらなく心地良かったです。
音の跳ね返りが凄かった気がする。身体に感じる振動が、ライブハウスの最前列スピーカーの前と同じ感覚。

私も憧れが高じて高校のときにギターを購入し、練習してた時期があったのだけれど、
指先が固くなるのを維持できず、(一カ月おきに絵の締め切りがあってギターを持続して触れなかった)痛みに負けてしまったのと、あまりの音痴(涙)で弾き語りが出来ないのとで、簡単な曲は弾けるようになったものの、思うように達せずに挫折してしまいました。
エレキとアコギ、両方持っていたけれど弟に譲渡。う~ん、勿体無かった;
あの時諦めずに続けていれば視野や交友関係、描く絵も違ってもっと世界観を広げられたのかも・・・。なんて、苦い思い出が甦ってちょっとしんみり。

あと凄いなぁと思ったのが、「もっとバーンとしてからシューってなってチロチロチロってなる感じ!」といった、まるで大阪のおじさんが会話で盛り上げようとして使うような擬音ばかりの指示で、「OKです!」と、その指示を理解して(どうしてそれで分かるの~!?)ほぼアドリブで美しいメロディをキーボードで弾いてしまう友人の小さな、私より小さな手が、魔法のように見えて仕方なかったです。
手が小さいから届かなくて弾けないとか、あれ嘘です。全然弾ける!

楽器を演奏し、音楽で何かを表現する素晴らしさを改めて感じました。
帰り道、フライヤー案と同時に何かまた楽器をやってみたい!という気持ちが湧いてきたのは言うまでもありません。
持ち運びできて歌わなくていい楽器がいいな。オカリナとか。
エロイムエッサイム!
[PR]
by marimemo | 2009-03-08 02:51 | diary