「ほっ」と。キャンペーン

marimemo

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

六甲登山日記【イノシシ注意!】

9/3に六甲山に登ってきました。
初めての六甲山登山、天気は抜群に良く、特に打ち合わせた訳でもないのに
私と友人あーちゃんのTシャツがミッフィーと狼でした。
e0177207_18522477.jpg

2人共ウキウキで京都から始発で阪急芦屋川駅へ。

川沿いに上り、高級住宅街を抜けたところにロックガーデンという六甲山への入り口があります。
e0177207_18523455.jpg

かつて売店だった痕跡がありましたがB級スポット化していました。こういう感じ、好き。
ここから登山STARTです!

六甲山といえば美味しい水に夜景、頂上には牧場があったりして
「気軽に初心者が登れるお山」というイメージが強かったのですが、
しょっぱなから険しめの岩山で、両手を使わないと登れない箇所もあったりして、
下調べの甘さと軽装に困惑気味の私達。
e0177207_18531170.jpg

延々とこんな感じ...

そこで、タイミングよく仙人のようなおじいさんと出会いました。
話を聞くと六甲山を昔から見守って毎日遭難者探索やゴミ拾いなどをしているらしく、
Tシャツからして見るからに不安げな私達2人にアドバイスをしてくださいました。
要約すると

「あなたたちが目指している地点は地図も持たずに無謀すぎるし軽装すぎる。悪いこと言わないから初心者のコースで帰りは岡本駅を目指下山しなさい」

とのことで、私達は富士山をはじめ、登山は何度もしているので体力には
自信があるほうだったのですが、初めての山での過信が一番危険。
仙人の言うとおり、初心者コースの風吹岩を目指すことにしました。

お天気良くって空気も良くって景色はどこ見ても綺麗であーやっぱり山最高!
途中でキツツキや可愛らしい小蛇、綺麗な蛾など生き物も沢山見れました。

e0177207_18525099.jpg


風吹岩手前では猫たちも出迎えてくれました。
e0177207_18544811.jpg

こんな山の上で普段なにを食べて生きているのだろう...?
あまりの可愛さに我慢できず、私はお昼ごはん用のおにぎりをプレゼント。


初心者コースといえどけっこうな距離を歩いて満足したので岡本駅を目指し下山スタート。
下りは足も楽ちんで更にノリノリな私達。
と、突然ひとつめの悲劇がこちら・・・
e0177207_1855045.jpg


!?日付昨日やん!?


岡本駅への道のりにこの看板が2つ見えました。
蜂は怖すぎる...ので、遠回りになっても命には変えられない。
先人の警告を素直に受け入れ、岡本駅は諦めて別の道へ変更。
私が先頭で細く左側が斜面の山道を進みました。

そして、ふたつめの悲劇・・・

親子連れ!の、イノシシが向かいから歩いてきている・・・・!!
e0177207_18543177.jpg

(小さく見えるけど実際はそれなりの大きさです)
これはマズイ。くるりとUターンし、来た道を30mほど戻り、
ここは慌てず騒がず道を譲ろうと道脇に背景と同化し、2匹が通過するのを息を殺して
(ちゃっかりカメラを構えつつ)待ちました。

自信満々に歩く母イノシシ、後ろに愛くるしいウリボウ。
あ、目の前だ!構図的に今がシャッターチャンス...と、思ったのもつかの間、
ズンズン私のほうに向かってくる母イノシシ.....呼んでないよ〜!!
かじられたらきっと痛い!私達は追い払おうと、大声を出しました。

「わーー!!あーー!!わぁあああ!!!」

全く動じない母イノシシ。距離20cm。逃げても追いかけてきます。目がマジです。
と、その時突然あーちゃんのリュックに母イノシシはかじりつきました。
e0177207_19434765.jpg

なかなか離さない母イノシシ。イノシシの前足浮いてる...!!
2人大声で力ずくでリュックを取り戻し、早足に道を引き返しました。
ああ怖かったびっくりした。

残された最後の一択の道を歩き始めたその時、あーちゃんは立ち止まってぽつりと言いました。

「あ...襲われた時デジカメ落とした....」

・・戻りました。
つい3分前まで親子がいた、あの道を。
結論から言うと親子には遭遇せず無事カメラ回収できました。
しかし。。四方八方をキョロキョロ、大きめの木の枝を木刀のように握りながら歩いたあの時の気持ちは忘れられません....。
仲間呼ばれて増えてたらどうしようとか、もう色々な最悪の状況を想像しながらだったので心拍数はいい数字を叩きだしていたことでしょう。

最後の道を歩き始めたその時、二人目の仙人に出会いました。
私達は鼻息荒く、先ほど経験したエピソードをお伝えしました。
仙人は、「わしは以前一人で登っていて、群れに遭遇したことある」
と、一歩も 十歩も先を行っていらっしゃいました。怖すぎるよ・・!

その後岩の塊がイノシシに見える幻覚に何度も苛まれつつ、
大量の虫をかき分けたりしながら無事下山。
泥だらけの服のまま、カフェへ。
e0177207_18551375.jpg

ケーキは心と身体の回復薬。

調べたら、イノシシが一番過敏に反応する色は青色だそうで。
あーちゃんのリュックは鮮やかな青色だったのでした...。

そして最近六甲山ではイノシシが登山客を襲う事件が多発していて、
鼻が良いので食べ物の匂いにも寄ってくるそうです。
角が生えた♂イノシシだとお尻や太ももにブスリ、とか、
かじられて指が....とか、逃げ場が少ない山での遭遇は本当に危険なので、
これから六甲山をはじめ、イノシシが出る可能性がある山に登ろうと思う人は、
必ず心の準備と全身の装備をしっかりしてから行ってください。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

◆イノシシに襲われないために◆
青色を身につけるのは☓
食べ物の匂いも危険なので、持ち歩く場合は匂いが漏れない密封した食料にしたほうが◎

◆イノシシと遭遇したら◆

距離を置く。広い道の場合は離れて道を譲る
走って逃げるのは☓

◆襲われたら◆
大声を出し威嚇。身振り手振りで自分を大きく見せたほうが有効。
殴ったり、危害を与えるのは逆効果だとか。
でも命の危険を感じるほど襲われたらストック(登山用の杖)などで撃退。(仙人情報)
食べ物を出し、投げて気を引くなどはやってはいけないそうです。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

というわけで、なかなかサバイバルな初心者コースでした。
長々と読んで下さった方、ありがとうございます。
少しでも参考になったり勉強になったなら幸いです。
携帯も通じない自然の中では人間は非力であることを自覚し、
正しい知識を持った上でアウトドア遊びを楽しみましょう。
[PR]
by marimemo | 2012-09-04 20:00 | diary

お久しぶり更新

わお、ドタバタとしているうちに9月突入でびっくりしております。
まだまだ暑いですね、でも最近湯船に浸かるのがマイブームです。
暑い中、自分を追い込み汗を流す快感にハマってしまいました。
というわけで元気に過ごしています。

恒例、落書きなど。
e0177207_22211530.jpg

周りの方々に、日々感謝です。本当にありがとうございます。


e0177207_22204063.jpg

最近やっとお渡しできた似顔絵。
喜んでいただけてよかった。とてもかわいらしい、大好きな方なのです。


*  *  *  *

e0177207_22202878.jpg

中学生ぶりに髪をセミロングにしました。
ずっと長かった髪を20cm切ったら頭はもちろん、心がすっきり。
髪に左右されることのない日常というのがこんなにも快適なのかと感動しております。
はっ...プロフィールの似顔絵描き直さないと....!

なんだかもっと書きたいことがあったはずなんだけど、取り急ぎ。
も少ししたらまとまった時間が取れるので、ブログやサイトもちょくちょく更新再開しますね。
[PR]
by marimemo | 2012-09-02 23:31 | drawing