marimemo

初めてのスタジオ

e0177207_143247.jpg


今日は友人がサポートキーボードを勤めるバンドの練習を見学させて頂くことになり、
吉祥寺の「Studio Leda」へ。初めての本格的なスタジオと生演奏に感動!
全身に響く爆音と、それぞれの楽器の音が一体になる瞬間がたまらなく心地良かったです。
音の跳ね返りが凄かった気がする。身体に感じる振動が、ライブハウスの最前列スピーカーの前と同じ感覚。

私も憧れが高じて高校のときにギターを購入し、練習してた時期があったのだけれど、
指先が固くなるのを維持できず、(一カ月おきに絵の締め切りがあってギターを持続して触れなかった)痛みに負けてしまったのと、あまりの音痴(涙)で弾き語りが出来ないのとで、簡単な曲は弾けるようになったものの、思うように達せずに挫折してしまいました。
エレキとアコギ、両方持っていたけれど弟に譲渡。う~ん、勿体無かった;
あの時諦めずに続けていれば視野や交友関係、描く絵も違ってもっと世界観を広げられたのかも・・・。なんて、苦い思い出が甦ってちょっとしんみり。

あと凄いなぁと思ったのが、「もっとバーンとしてからシューってなってチロチロチロってなる感じ!」といった、まるで大阪のおじさんが会話で盛り上げようとして使うような擬音ばかりの指示で、「OKです!」と、その指示を理解して(どうしてそれで分かるの~!?)ほぼアドリブで美しいメロディをキーボードで弾いてしまう友人の小さな、私より小さな手が、魔法のように見えて仕方なかったです。
手が小さいから届かなくて弾けないとか、あれ嘘です。全然弾ける!

楽器を演奏し、音楽で何かを表現する素晴らしさを改めて感じました。
帰り道、フライヤー案と同時に何かまた楽器をやってみたい!という気持ちが湧いてきたのは言うまでもありません。
持ち運びできて歌わなくていい楽器がいいな。オカリナとか。
エロイムエッサイム!
[PR]
by marimemo | 2009-03-08 02:51 | diary