marimemo

ヘンリー・ダーガー展

e0177207_1515016.jpg

竹田城跡からそのまま東京へ。
現在ラフォーレミュージアムで開催中のヘンリー・ダーガー展に行ってきました。
ダーガー展は2007年に原美術館で見て以来。
今回はダーガーの生い立ちから丁寧に文字と映像で解説してくれてて、初めて見る人にも
分かりやすい展示になっていました。
彼の作品「非現実の王国で」に対する愛と創作意欲は本当にすさまじくって、
それは生の作品からもちろん激しく感じることができるんですが、
自分以外の誰一人に見せることなく、これだけ膨大な量の作品を何十年も
引きこもって毎日3~4時間しか眠らず、自分のためだけに創作し続けること、
こんなこと神様とダーガー以外できないんじゃないかと改めて思ってしまいました。

ずっと一人ぼっちで、ぼろぼろの格好をしてゴミを漁ったり独り言が激しかったり
「変わり者」「かわいそうな人」そんな声もあるけれど、
幸せの定義は人それぞれですが、死ぬまで強い愛を注げる対象があったダーガーは、
とても幸せな人だったと思います。
絵の色彩がとても綺麗でお花や蝶の模様・デザインも凝ってて可愛らしくって
何より少女(物語の中では「ヴィヴィアン・ガールズ」と呼ばれている悪と戦う姉妹たち)が
ダーガーの理想を全て受け持ったかのように強く美しく生き生きと描かれていたので、
そう感じずにはいられませんでした。
美術の教科書に載ったらいいのに。
子供たちにも本当にきれいなものとは何かを感じ取ってほしいです。

e0177207_15582634.jpg

あまりにも嬉しくてぱちり。
大好きだダーガー!

今回友人のイベント手伝いなどもあり、ドタバタ遠征でしたが
お会いできた方、どうもありがとうございました。
会えなかった方、また7月に東京に行く予定なので、そのときによろしくお願いします。
[PR]
by marimemo | 2011-05-09 16:01 | drawing