marimemo

或る一枚の絵が完成するまでの流れ

e0177207_5493982.jpg

ラフを描きます。
何をどれくらいの大きさで描くかを確定する→だんだん細かく詰めてゆきます。

e0177207_5535392.jpg

ラフを詰めたものにペン入れしたもの。「下絵の下絵」

e0177207_5544712.jpg

トレス台を使い、本番の紙にペン入れ。

e0177207_5554087.jpg

ひたすらなぞってゆきます。

e0177207_5565694.jpg

この作業が一番好き。

e0177207_5575141.jpg

今回の使用ペンはCOPICマルチライナー0.03と0.05、HI-TEC0.3

e0177207_5591046.jpg

線画完成。

e0177207_602591.jpg

着彩は今回はコピックマーカー。
壁など、下にあるものから塗ってゆきます。

e0177207_611924.jpg

塗り終わりました。
このあと色鉛筆でちょっと色を調節したりハイライト入れたりします。

e0177207_615659.jpg

紙の余分な部分を切って額に入れて完成。

マーカーのときはずっとこの描き方をしています。
塗りのとこ、殆ど写真撮れず;
昔お仕事でコピックのテクニック本のメイキングのお仕事で塗りが完成するまでの様子を掲載させてもらったけれど、この本すっごく良くて、いろんな作風の作家さんたちのコピック塗りの秘密が詰まっています。
コピック始めてみたい人にはこの一冊、間違い無し。
今はCGで描く人が増えてしまってこういうアナログ絵のメイキング本(特にマーカー)は
新しく出版されることが殆ど無くなってしまって寂しいなぁと思ったので、載せてみました。
[PR]
by marimemo | 2011-02-01 06:25 | drawing