marimemo

女子高生からインタビューを受けた

女子高生の方から一通のメールが来ました。
「自分の将来像について考えるという課題が学校で出ました。
自分がなりたい職業に就いている方にインタビューをし、
プレゼンテーションを行うというものです。もしよろしければお話を伺いたいです。」
という内容でした。
学校名を見て驚き。私が中学生の頃、憧れに憧れて憧れだけで受験せずに諦めてしまった
大阪市立工芸高校の学生さんでした。
工芸高校は、美術、デザイン系大学への進学の実力養成に力を入れている
関西でも少ない芸術系の高校です。
制服はこんな感じ。
e0177207_0583878.jpg

カルトンバッグや一眼レフをぶら下げてることが多い工芸生。
個性的なファッションの子が多かった。

どうやら彼女はSSインタビュー記事を見て私に興味を持って下さったようなのですが、
こんなご縁ってあるんだーってひたすら驚き&ドキドキ。
喜んでOKの返事を出し、梅田の喫茶店でインタビューを受けたのですが
e0177207_0582194.jpg

美術科のIさんのカバンには直接筆が入っていた。素敵すぎる。
インタビュー自体は一時間程で終わり、残り2時間くらいは殆ど私がIさんにインタビューする形に。
「学校がすごく楽しい。クラス全員仲良しで先生も面白い!」と、生き生きした笑顔で
学生生活を語ってくれたIさんとの時間、私は工芸生になって高校時代を青春し直しているような
気持ちになれて何だか夢みたいでした。
先生の大半は美大出身、美術館や世界遺産を巡る海外研修制度、修学旅行は屋久島、
一番盛り上がっているクラブは軽音部(アニメソングなど力を入れて演奏)、などなど・・
絶対面白いやん・・・!!
私は高校時代に制服を着てこんなに笑ったことが無かったなぁ・・。。
来世もう一度大阪に生まれたら絶対工芸高校に行こう、と強く誓いました。
素敵なお話を沢山聞かせて下さったIさんに感謝。
こうしてきちんと興味を持ったことを行動に起こせる彼女は、きっと将来大成するのだと思います。


後日、Iさんからプレゼンに使うために描いたという私の似顔絵画像が届きました。
e0177207_22462553.jpg

“I”の部分がリンネになっている・・・!
実物の何倍も可愛く描いて下さって嬉しい。
Iさん、ありがとうございました。

2月5日~6日に工芸生が一年かけて頑張った作品を展示する『工芸展』が開催されるそうです。
一般のお客さんも入れるので、興味のある方は是非*
私も行く予定です。楽しみだー。
[PR]
by marimemo | 2011-01-07 01:12 | drawing