marimemo

聖なる夜なので愛を語ってみる

お友達アーティスト、wassaがうちに遊びに来ました。

wassaとの出会いは10月の個展に行ったときなのだけど、あれから急速に仲良くなってしまい、
出会って二ヶ月だなんて信じられないほど。
まず年齢・身長・体重・血液型まで同じなので、他人とは思えません。
こんなの初めて。生き別れの双子ではないのだろうか・・・。
動物大好きなところも同じで、自身も小動物のようなwassa。
リンネともすごく仲良くなっていました。
e0177207_12531937.jpg

wassaはとても成人しているとは思えぬ幼い風貌。お酒が買えないらしい。

e0177207_12533031.jpg

見てください、リンネが心を許している感じ。
(しっぽで腕をしっかり掴んでいる)
誰かに触られてここまでリラックスして落ち着くことって無かった・・!
wassa、すごいよ。

e0177207_13375127.jpg

個展のときに蛇イラスト描いてくれた。ツチノコmixでかわいい!

で、今回は粘土が得意なwassa先生による粘土大会を開催しました。
どんなの作るかな~と、ラフを描くんだけど
e0177207_12584837.jpg

wassaはサラっと描いたラフもオシャレです。

私は粘土いじりは小学校以来だったけれど、無心になってこねて形を作る作業は楽しい、楽しい!
e0177207_1324535.jpg

こんな感じに仕上がりました。
(奥がwassa、手前が私)
大きな顔のやつは貯金箱なんだけど、ラフと大分違うようになってしまった・・;
「SAW」のあの人形みたいになってしまったけどご愛嬌。

wassaは小さい動物いっぱい作ってて、どれも足がチョンとしててすごく可愛い。
e0177207_1361564.jpg

粘土である程度形を作ってから、乾いたあとに彫刻刀で削り出したりするらしい。
それがもう尋常じゃないくらい細かい作業。
同じ手の大きさのハズなのだけれど、wassaの指先は奇跡を起こすのです。

言葉でうまく言い表せない部分が同じだったり、そういうのが通じ合えることって何て心地良いのだろう。
運命っていう言葉は簡単に使いたくないけれど、感謝したいです。

大好きだ、wassa
[PR]
by marimemo | 2010-12-24 20:56 | diary